新着情報 新着情報

新着情報

リハビリブログ

新人の登竜門!症例発表!

4月に入職した新人さんによる初めての症例発表が行われました!

入職してからバタバタと時間のない中で、レジュメの作成、発表とお疲れ様でした!

今回の目的は、

初めて担当した患者さんに、評価、治療を行い、退院後の生活をどのように考えたのか。

という一連の流れを発表することです!

学生の時は、自分の中での考えをまとめ、レジュメを作成し発表する!
そこがGOALであり、実際に合っていたのかはわからない状態でした。

でも今回の発表は、学生の時とは違い、プロフェッショナルとして自分が評価、治療を行い、退院後の環境設定や福祉用具の選定までを行います!
治療の効果判定や、統合と解釈や問題点抽出の難しさを改めて認識しました。ですが、岸和田平成病院は新人だけで考えるのではなく、プリセプターと一緒に考えることで、より患者さんのことを深く考える機会となっています!

質疑応答でも、

「どのように考えてこのアプローチをしたのか」
「この移動形態で本当に自宅で生活できるのか」
「どこまでを想定した訓練ができているのか」

など!

新人さんの考えを引き出した上で、

「この人が自宅に帰るためには、もっとこう考えた方がいいよ!」
「こういうところが必要だったんじゃないかな」
「退院することがGOALじゃないよ!退院してからが大切なんだよ」
「こういうところはもっと勉強した方がいいんじゃないかな」

など!

先輩方からアドバイスをいただき、新人さんだけでなく、指導者や、その発表を聞いた人のみんなが、改めて『自分自身も退院後の生活を想定しての訓練ができているのか。』を考える機会になり、みんなが成長できる場にもなりました!

新人の時は、本当にわからないことだらけ・・・。
でも患者さんからしたら、1年目だろうが10年目だろうが、セラピストはセラピスト!!
初めのころは、先生と呼ばれることさえ、私自身はうしろめたさを感じていました・・・。

自分なんかが患者さんをよくできるんだろうか…。
どうにか患者さんをよくしてあげたいのにどうしていいかがわからない!
など、いろいろ悩むことが多かったです。

でもこの症例発表があるからこそ乗り切れたところもあります!!
沢山の先輩からアドバイスをいただけるので、自分に足りないものが見えてきて、勉強しなければならないことがはっきりするので、意欲の向上にも繋がります!!

新人さんには、この症例発表を通して学んだことを、これからの臨床に生かしてほしいと思います!
期待しております♪

一覧へ戻る
back 一覧に戻るのアイコン

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-422-1763
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る