新着情報 新着情報

新着情報

リハビリブログ

新人密着シリーズ第2弾!先輩ST×後輩ST対談

久しぶりの掲載になってしまいました。

新人さんが入職し業務も慣れてきた今日この頃。今の心境を聞いてみるために、
今回は、プリセプター×プリセプティの対談を実現させてみました。
ST(言語聴覚士)の2人に話を聞いてみようと思います!
対談前に、プリセプターと新人さんのことを、より知ってもらうべく。
まずは、「自己紹介」「お互いの第1印象」「お互いのいいところ」をインタビューしてみました!

Q簡単に自己紹介をお願いします

Qお互いの第一印象はどうでしたか?

病院見学の時に初めて会って、すごくいい意味で普通の子だと思いました。普通の感覚をもっていて、ちゃんとコミュニケーションが取れる子だなという印象でした。

実は私、ここに見学に来た時にはまだ回復期に行くか、急性期に行くか迷っていて。私は嚥下障害のセラピーがしたくて、将来は訪問リハビリにつなげたいと思っていました。迷っていることを岸本さんに相談したところ、細かくアドバイスをいただきました。その時に、普段から相談にのってもらえる上司なのかも!と思いました。

Q相手のいいところ(尊敬するところ)はどこですか?

一生懸命なところ。手抜きをしないところがいいと思う。しんどい事や辛いこともあると思うけど、弱音は聞いたことがない。とてもよく頑張っていると思います。

3階病棟を担当してるんですけど、私にとっては1つの病棟だけでも大変なんです。でも、私が休みの日には岸本さんが3,4階に入ってくれていると聞き、患者数も多いし、すごいなと思っています。また、他職種との関わりも大切にされていて、自分もそんなふうになりたなと思います!

 

2人のことが少し分かったところで、ここからは2人で話してもらおうかなと思います(^^)
プリセプターはどんな風に考えながら指導を行っているのか。
また、新人さんはどんなことに悩んでいるのか。
対談を通して、感じていただけたらと思います!では!さっそく対談に参りましょう(*^^)/

対談

もうすぐ半年になるけど、STとして働いてみてどう??

黒川: 患者さんの多さに圧倒されています。学生の時は症例さんだけだったけど、今は同じような症状でも違う訓練が必要だったり、一人の人を見ていたら、他の人をうまく調整できなかったりして、それが大変だと日々感じています。

岸本: けっこうまだバタバタしてる?

黒川: 4月に比べたら、経管栄養の時間も把握でき、患者さんのところに行く順番などがわかってきたので、1日のスケジュールを立てて行動することは、できていると思います!でも、訓練内容や技術面を考えるとまだまだ大変かなと・・・

岸本: 慣れて、一日動き回ることはできると。ただ、訓練内容などに自信のない部分がある、と。
めっちゃ頷いてますね(笑)

黒川: はい(笑)

働いてみて嬉しかった事や印象に残っていることはある?

黒川: この前、初めて患者さんが退院される姿を見て、すごく嬉しかったです!それに、ご飯をおいしいって食べてくれる時がうれしいです!

岸本: そういう姿を見ると嬉しくなるよね!印象に残っているのは、患者さんが元気に退院していく場面かな?

黒川: はい!

黒川さんはストレスとか溜まってる?

黒川: あまりストレス感じてないです。寝たら忘れます(笑)

岸本: めっちゃいいやん。俺も基本的にはそうやけど(笑)。ストレス溜まってコントロールできなくなると、仕事を楽しめなくなるからね。それは良かった。

では、新人のビッグイベント6月の症例発表。まずは終わってみてどうでした?

黒川: 一番は、ほっとしました(笑) そのあと、足りない部分をフィードバックしていただいて勉強不足なのを改めて実感して。この経験を次につなげられたらいいと思っています!

症例発表は、やってみてどうでしたか?良かった?しんどかったかな?

黒川: 良かったのですが、もっと早く準備するべきだったなと思いました・・・。

岸本: そんな遅かったっけ?(笑)レポートは遅れずに出してくれてたね。まずは、やりきることが大事やから。たぶん、文章を書くのが苦手とか、頭の中でものを繋げるのが苦手とかあるから。早め早めにすると、こっちも修正ができるし、一緒に考えられる。後手後手だと、修正もできなくなるからね。次の時は少しでも早く準備して一緒に頑張ろうか!

黒川: はい!よろしくおねがいします

じゃあ、新人カリキュラムのことはどう感じてる?

黒川: 見学の時に話を聞いた時は、今も月2回実施している院内勉強会のイメージが強かったんですが、e-learningもあるのは知らなかったです。e-learningは、医療の中でも基礎的な部分なので勉強出来て良かったと思ってます!

現在悩んでいることはある?相談できる人はいる?

黒川: 岸本さん!岸本さんが休みの時でも、土肥さんや樋上さん(STの先輩)に聞けるし、STの勉強会もあるので、わからないことは、その場その場で解決できています。また、共観セラピストの方に相談させていただいてます。悩みを溜めないために、分からないことはその時その時で潰すようにしています!悩んだ時はすぐに聞けるので、良い環境にいるなと感じてます。

岸本: それはいいことやね。では今大きく悩んでいることはない?

黒川: 次の症例を誰にするかについて・・・・(笑)

岸本: 真面目やね(笑)俺なんか、「先輩が選んでよ」って思ってたわ(笑)

黒川: あと評価で悩んでて・・・。咀嚼訓練をしている患者さんがいるんですけど、このままソフトS(刻み食)でいくか軟菜に上げるかを迷っていて・・・。

岸本: めっちゃ具体的悩みやな(笑)軟菜は評価したことあるの?軟菜でどんな反応がでるかじゃないかな?

黒川: 軟菜でもソフトSでも反応はあまり変わらなくて。咀嚼訓練でやっている運動もうまく引き出せていなくて。かといって、いきなり(食事形態を)変えるのも怖くて自信がなくて。

岸本: 怖いって感覚は大事よね。でも怖いってだけでストップしておくのも違うかもね。何が患者さんの咀嚼をうまく引き出させることができるのかを考えないといけないかもね。
食品によっても違うと思うし、もしかしたら声掛けによっても変わってくると思うし。

黒川: なるほど!ありがとうございます!患者さんにあうのか色々勇気出して探していきます!

じゃあ、ここに入職して良かったと感じることってある?

黒川: 良かったです!具体的に言うと同じ事になるけど、勉強会が定期的にあったり、志望動機に書かせてもらいましたが、仲の良さ、雰囲気が私に合っていると感じてます。
嚥下もすごく勉強させていただいてますし。したかった分野なので良かったです。嚥下に興味のある人にはすごくいいと思います!

岸本: ありがとう (笑)逆に(今の病棟だと)高次脳機能障害の人はあまり担当できていないね。認知症の人とかは多いけど、回リハ行ったら担当できるから。そのうち、部署配置等も考えないとね!

黒川: はい!色々勉強させていただきたいです!よろしくおねがいします。

 

やっぱり、わからないことをすぐに聞ける関係っていいですよね。お忙しい中、2人ともご協力ありがとうございました!

最後にプリセプターである岸本さんに、いくつか質問させていただきました!

Qこの病院に入職して感じることはありますか?  

岸本: まずは、この病院に入職できてよかったなって感じています。他の友達に聞いても、恵まれていると思う事も多いし。
自分が勉強したい内容を追及することができます。その上で、特に結婚してから思ったんですが、いろいろと自由度が高いと思います。
研修会制度もあって、病院から補助もでるので、行こうと思ってます!

Q黒川さんを含め、新人さんにアドバイスはありますか?

岸本: 自分の目で見たことや確認したことしか信用してはいけないと日々思っています。これは、STだからとかじゃなくて、働く上でだけど。
僕自身、先輩から教えてもらったことが絶対だと思っていたけど、必ずしもそうではなくて。
その人なりの解釈があると思うし、教えてもらった上で自分で勉強し確認し、自分で理解した事がその人にとっての正解だと思います。
なので、教えてもらうことも大切だけど、結局は自分でちゃんと勉強してくださいってことですかね。

新人さんへのアドバイスありがとうございました!

やはり、岸本さん自身いろいろ経験されてきたからこそのアドバイスなので言葉の重みが違いますね。
黒川さんも新人さんながら、本当に毎日頑張ってくれてますし、今後もプリセプターや先輩方に相談しながら、頑張っていってください!

次回は、先輩PT×新人PTの対談もお送りしようと思うので、楽しみにしていてください!

ではまた次回♪

一覧へ戻る
back 一覧に戻るのアイコン

ご不明点がございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

072-422-1763
ページトップ ページトップのアイコン

トップへ戻る